MAGAZINES

WEBSITES

雑誌

MAGAZINES

歴史群像21年2月号(No.165)

ミリタリー・戦史Magazine ミリタリー・戦史Magazine

月号 21年2月号
発売日 2021年01月06日(水)
本体価格 ¥964(税抜)
ページ数 184ページ
版型 B5判
ISBN/JAN 4910191310214

ご購入はこちら 定期購読のお申込み

第1特集は、ガダルカナル攻防戦で日本軍が米軍に一矢を報いた、

戦艦2隻による主砲弾900発を撃ちまくった飛行場襲撃作戦を徹底分析!

昭和17年(1942)8月、ガダルカナル島(以下、ガ島)に日本軍が建設中の飛行場が完成した直後、アメリカ海兵隊が同島に上陸、飛行場を奪取しました。以後、ガ島とこの飛行場をめぐって日米両軍が激しい戦いを展開することになります。ガ島をめぐる攻防戦は日本軍が一方的に押されているイメージがありますが、互角の戦いや一矢を報いた作戦も行われています。その一つが同年10月13日深夜23時半頃から翌14日午前1時頃にかけて行われた、日本海軍の戦艦2隻による同飛行場への夜間急襲作戦です。第1特集の「作戦ドキュメント 戦艦『金剛』『榛名』のガ島飛行場砲撃」では、約1時間半にわたって両艦あわせて900発の主砲弾を撃ち込み、飛行場を炎上させて一時的にせよ使用不能に至らしめ、米軍を戦慄せしめたこの急襲作戦の背景、経過、結果を詳しく紹介します。特に夜間の暗闇の中で2隻の戦艦がどのようにして飛行場に正確な砲撃を行ったのかについて、概念図や地図多数を用いて詳しく分析します。

 

第2特集は「本能寺の変」。最新研究を踏まえて徹底検証! 

信長と光秀の「最後の半年間」を2つのポイントから分析し、光秀の「殺意」の真相に迫ります!

第2特集は、大河ドラマでもクライマックスとして描かれるであろう「本能寺の変」の実相を、本能寺の変研究の第一人者の一人、桐野作人氏が徹底検証します。織田信長と明智光秀の関係の悪化は事件前の半年間に限定される点に注目し、この期間において、光秀に謀反を決心させたと考えられる2つのポイント、すなわち①四国問題と、②信長による光秀折檻事件を徹底的に再検証することで、光秀の「殺意」の真相に迫ります!

 

第3特集「ワルシャワ蜂起1944」ほか多彩な記事が満載!

その他、第3特集の「ワルシャワ蜂起1944」をはじめ、新連載「鎌倉軍事政権の誕生」「戦史分析・上野戦争」、カラー図解「揚陸艦艇発達史」「ドイツ空軍エース論」「大清帝国の成立(後編)」、イラスト再現「越前・大野城」「軍用自転車」ほか企画満載! 今年のお正月は旅行などはあまりできそうにありません。「ステイ・ホーム」で小誌を読んで、歴史の時空を旅してみられてはいかがでしょうか。

 

次号

読み応え満点の3大特集、次号のラインアップは「太平洋戦争 日本海軍・潜水艦の戦い」「デミヤンスクとホルム~独ソ戦1942年、ふたつの包囲戦」「島原・天草一揆~西海の果てで戦われた“戦国最後の大戦争”」です。

2021年01月06日(水)発売予定

※企画の内容は進行中につき、一部変更となる場合もあります

公式サイト

http://rekigun.net/

広告会社・広告主様向けページへ 書店様向けページへ