MAGAZINES

WEBSITES

雑誌

MAGAZINES

歴史群像21年12月号(No.170)

ミリタリー・戦史Magazine ミリタリー・戦史Magazine

月号 21年12月号
発売日 2021年11月06日(土)
特別定価 1,130円(税込)
ページ数 184ページ+別冊付録(特製カレンダー)16ページ
判型 B5判
ISBN/JAN 4910191311211

ご購入はこちら 定期購読のお申込み

今年の12月8日は太平洋戦争開戦80年の節目。今改めて知っておきたい真珠湾攻撃とマレー進攻作戦の実相とは?

 

好評連載「日の丸の轍」の迫力の日本軍車両イラストを掲載した特製カレンダー付き!

今号には毎年恒例の小誌オリジナル・カレンダーが付いています。好評連載「日の丸の轍」に登場した、上田信先生が描いた日本軍の車両7種の迫力満点の情景イラストを掲載!

 

太平洋戦争開戦80年。この節目にぜひ読んで頂きたい記事3本を掲載

2021年12月8日は太平洋戦争が始まってから80年目に当たります。今号ではこの節目に合わせてぜひお読みいただきたい以下の記事を掲載しています。

①第一特集「作戦分析 マレー進攻作戦~最新研究が明かす日本版「電撃戦」の実相」、

②「再検証 特殊潜航艇の真珠湾攻撃~未だ多くの謎を残すその最期」、

③「図説 オアフ島要塞~真珠湾を守るアメリカ陸軍の砲台群」。

 

①では、開戦とともに開始された、イギリス領だったマレー半島とシンガポールへ進攻作戦の実相に迫るとともに、この時点ですでに露呈し始めていた、敗戦へと繋がる日本軍の問題点を抉り出し、分析します。

②は、日本海軍による真珠湾攻撃のうち、大々的に喧伝され、かつ大戦果を挙げた空母航空隊による攻撃の一方で、あまり取り上げられることのない、2人乗り小型特殊潜航艇「甲標的」5艇による艦艇攻撃についてのカラー分析記事です。そもそもどんな作戦だったのか。そして、謎の多いそれぞれの艇の最期について、現在どこまでわかっているかをその内容とともに紹介します。

③は米軍がハワイ・オアフ島の一大海軍拠点である真珠湾を守るためにつくりあげた「オアフ島要塞」の歴史と砲台群の実相に迫ります。

 

古今東西の人物・事象をテーマに毎号20本以上の記事を掲載!

このほか、特集記事としては、第2特集「実録 南太平洋海戦(後編)」、第3特集「倫魁不羈 水野勝成」が、またその他にも「検証 日本の戦時航空機生産」「タリバンとアフガニスタンの30年」「連載・鎌倉軍事政権の誕生 軍事政権の試練~頼家・実朝と承久の乱」「CG彩色でよみがえるSd.Kfz.251・250ハーフトラック」ほか、多彩な記事を掲載しています。

人類の歴史は多様な戦いの歴史でもあります。「歴史群像」では毎号、「戦い」に関するものを中心に、古今東西のさまざまな人物・事象をテーマとした20本以上の記事を掲載しています。これらのテーマひとつひとつにドラマがあり、そして人間理解のヒントが含まれています。小誌を通じて、改めて、歴史をより深く味わってみませんか。

 

 

次号

読み応え満点の3大特集、次号のラインアップは「分析・日本海軍航空隊」「検証ドキュメント・八甲田山雪中行軍」「ローマ帝国軍vsゲルマン軍!トイトブルクの戦い」です。

2022年01月06日(木)発売予定

※企画の内容は進行中につき、一部変更となる場合もあります

公式サイト

http://rekigun.net/

広告会社・広告主様向けページへ 書店様向けページへ